イライラしない人になろう

街を歩いているとかわいい彼女を連れた男性を見ると羨ましく思ったり、同級生で給料が上がったとかボーナスが増えたとか聞いて悔しく思ったり、とにかく人の幸福を嫌に思うことってとても悲しいことだと思いませんか?なぜそんな風に思うかというと、それは単純に他人と自分とを比べているからだと思います。他にも、他人に不幸があると喜ぶ人もいますが、それって本当に悲しいことですよね。その人に恨みがあるならともかく、根本的にそういう人というのは仲の良い友達であってもそういう風に思うのですからちょっと怖いくらいですよね。

でも、そういう人間は実在しますし、せっかく幸せな人生を歩んでいたにも関わらずそういう人に足を引っ張られて不幸になってしまう本当に不幸な人も世の中にはいます。まず、大前提としてそういう人と付き合わないことが大切ですよね。確かに世の中は競争社会ですが、お友達などでもそうやって足の引っ張り合いをするのってどうかと思いませんか?

そして、そういう人に限って自分が優位に立とうが劣勢に立とうがいつもイライラしていたりします。いつも他人と比較することだけにエネルギーを消費しているなんて時間ももったいないですよね。一番良いのは他人と比較せずに自分らしく生きるということなのではないでしょうか。確かに他人と比較したくなる気持ちも分かりますが、それ以上に自分というものを理解し自分らしく生きるということを前提に人生を歩んでいくことが大切だと思います。

他人は他人、自分は自分なんです。

ある人の言葉でとても良い言葉があるので最後に書きたいと思います。

「足を引っ張る人間じゃなく、手を引っ張る人間になれ」

…とても良い言葉ですよね。
同じ引っ張るでも手と足では全然違うということですね。