正しい腹筋の鍛え方!

皆さん腹筋を鍛える時はどのようにしていますか?寝転がって膝を曲げて体を起こす。こういうやり方をしてる人が多いと思います。でも実はこれって、あまりいい腹筋の鍛え方ではないのです。この腹筋のやり方では負荷を与えることが難しく、腰を痛めてしまう原因にもなります。腹筋を鍛える時にもベンチを用意することが大切です。

ベンチがない場合は、イス等の足を置くことができるものを用意すれば大丈夫です。正しい腹筋は、まず寝転がった状態で踵をベンチの上に乗せます。次に手を胸の前でクロスさせて上体を起こすのですが、最後まで起こしきってはいきません。おへそを覗き込むようにして途中の段階で止めます。

その後勢いをつけずゆっくりと元の位置まで戻します。始まりの位置も背中がつくのではなく腰がつく位の位置で止めます。可動行きはなるべく小さくし、勢いをつけずに腹筋だけを使い上体を動かします。回数は10回を1セットとして1分間の休憩を挟み、合計3回行います。負荷に慣れてきたら、重りを頭の後ろでもって同じことを行います。

きちんとしたときに行えば2日に1回のペースで筋肉が発達します。腹筋を割ると言う表現がよくありますが、実は腹筋は元から割れています。一般的な腹筋を割ると言う表現は、正確には腹筋の表面の脂肪を減らし、発達した腹筋を露出すると言うことです。きれいな付近を作るためには状態を起こす運動だけではなく、錠剤を起こした状態から頭の後ろで腕を組み、肘を張って、肘を逆の膝につけます。

これで、横のお腹の筋肉をつけることができます。この時も、勢いをつけてはいけません。腹筋終わった後はいちにち10分ほどマラソンをするとさらに効果が上がります。

より負荷の高い腹筋を行うときは、ベンチの上に寝転がり、頭側のベンチを両手で掴み、背中はくっつけた状態で足を真上に上げ、ゆっくりと下ろします。その状態で勢いをつけずに真上に上げ、ゆっくりと下ろすのを3回繰り返します。これは1日の3回ほどの負荷で、十分な効果を発揮します。

筋肉サプリメントをさらに使えば、今より効果的に筋肉をつけていくことができるでしょう。

筋トレだけでは、筋肉は十分にはつきませんからね。

ではどうすればいいか?
そこでオススメな筋肉サプリが、キレマッスルという筋肉サプリメント!

キレマッスル効果はどうのようなものなのか?
一度お試ししてみてはいかがでしょうか?